July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[WP1]初代ウイニングポストをいまさらプレイ:馬主生活5年目

JUGEMテーマ:STEAM

箱庭馬主生活の5年目。ゲーム内時間は2001年です。

そろそろリセットを駆使してレースを勝つことに疑問を感じてきました。
とはいえ、ノーリセット前提だと負け癖がつくようだし、どうしようかなぁ…。

ところで少しずつ2ちゃんねるの過去ログを読んでいるのですが、気になる書き込みがあったので引用。



厩舎を訪問して所属騎手から調教内容が判明し
調教師に調教を指示しようとすると
上がる(と思われていた)能力にワクが移動するので
下記のように思われていた。

坂路ダート⇒スピード
坂路一本⇒スタミナ
プールウッド⇒瞬発力
ダート⇒全般

ところが実際にはこうだった
坂路ダート⇒瞬発力
坂路一本⇒スピード
プールウッド⇒スタミナ
ダート⇒スピード&スタミナ

実際に調教師の方針に対して口を出したことは一度もないのですが、認識していたものとは別のパラメータが上がっていたわけですね…。
また、理想主義の調教師は「坂路ダート」調教で瞬発力を上げようとするため預託した馬はマイラーになりやすく、現実主義の調教師は「プールウッド」調教でスタミナを上げるため適正距離は万能になりやすい(が、総合力としては微妙な馬になることがある)ようです。
とはいえ、各馬のパラメータは預託先を決めて年が明ける際に決まるようですし、馬の能力値によって預託先の厩舎を選択するということは難しそうです。実際に能力値を定量的なデータとして確認できるわけでもないですしね。
偶発的要素は多いようですが、パラメータ特性と調教方針の組み合わせが噛み合えば強い馬になりそうです。

» read more
12345>|next>>
pagetop