May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[WP1]初代ウイニングポストをいまさらプレイ:馬主生活5年目

JUGEMテーマ:STEAM

箱庭馬主生活の5年目。ゲーム内時間は2001年です。

そろそろリセットを駆使してレースを勝つことに疑問を感じてきました。
とはいえ、ノーリセット前提だと負け癖がつくようだし、どうしようかなぁ…。

ところで少しずつ2ちゃんねるの過去ログを読んでいるのですが、気になる書き込みがあったので引用。



厩舎を訪問して所属騎手から調教内容が判明し
調教師に調教を指示しようとすると
上がる(と思われていた)能力にワクが移動するので
下記のように思われていた。

坂路ダート⇒スピード
坂路一本⇒スタミナ
プールウッド⇒瞬発力
ダート⇒全般

ところが実際にはこうだった
坂路ダート⇒瞬発力
坂路一本⇒スピード
プールウッド⇒スタミナ
ダート⇒スピード&スタミナ

実際に調教師の方針に対して口を出したことは一度もないのですが、認識していたものとは別のパラメータが上がっていたわけですね…。
また、理想主義の調教師は「坂路ダート」調教で瞬発力を上げようとするため預託した馬はマイラーになりやすく、現実主義の調教師は「プールウッド」調教でスタミナを上げるため適正距離は万能になりやすい(が、総合力としては微妙な馬になることがある)ようです。
とはいえ、各馬のパラメータは預託先を決めて年が明ける際に決まるようですし、馬の能力値によって預託先の厩舎を選択するということは難しそうです。実際に能力値を定量的なデータとして確認できるわけでもないですしね。
偶発的要素は多いようですが、パラメータ特性と調教方針の組み合わせが噛み合えば強い馬になりそうです。

出走記録

[6歳牡馬]メイジキンバリーの96(父:メジロマックイーン)
ゴールした際は勝ったかと思いましたが、凱旋門賞はアタマ差の2着。壁は厚いですね…。非常に惜しい感じの負け方ですが、得意の不良馬場+大外逃げ発動でも勝てなかったのでリセットはせず。前年よりひとつ順位は上がっていますしね。
凱旋門賞に出るとスピードが成長限界値に関係なく最大値の150までアップする らしいので、パラメータが変化する前の10月2週に自己所有牧場で引退。年末にはシンボリルドルフと入れ替わりにシンジケートが組まれ、種牡馬入り。
コンキストリズム_引退時

1月4週 AJCC 1着
2月4週 目黒記念 1着
3月週 阪神大賞典 1着
5月1週 京王杯SC 1着
6月3週 阪急杯 1着
10月1週 凱旋門賞 2着
10月2週 (引退)


[6歳牝馬]ヤミノクリスタルの96(父:ホリスキー)
能力的にもったいない気もしましたが、牝馬戦を中心に走って引退。5歳で引退するか、賞金額を調整して凱旋門賞へ挑戦すべきだったかもしれません。新馬戦から引退まで、ほとんどリセットは必要ありませんでした。
フラッシュスター_2001年末

2月1週 京都牝馬特別 1着
3月1週 中山牝馬S 1着
4月2週 DB卿CT 1着
5月4週 京阪杯 1着
6月4週 エプソムC 1着
(放牧)
10月2週 府中牝馬S 1着
11月3週 ア共和国杯 1着
12月3週 阪神牝馬特別 1着
(引退)


[5歳牡馬]ホーレッグズの97(父:ランニングフリー)
G祇錣5勝しましたが、年度代表馬は4歳牡馬のソルジャーシードに。年度代表馬の選出においては、G祇錣両〕数よりもダービー勝利のほうが重み付けとして大きいのかもしれません。
主戦の松山陽一騎手は、割とデキる騎手のようです。
マジックウォリア_2001年末

1月4週 日経新春杯 1着
2月4週 京都記念 1着
3月4週 日経賞 1着
5月2週 天皇賞・春 1着
6月4週 宝塚記念 1着
(放牧)
9月2週 オールカマー 1着
10月4週 天皇賞・秋 1着
11月4週 ジャパンC 1着
12月4週 有馬記念 1着


[5歳牝馬]ロンリーチャップの97(父:ヘクタープロテクタ)
適正距離はマイラーらしいのですが、実際にはレースの距離を選ばずコンスタントに結果を出せるようです。
調教師からピークを過ぎたと言われ引退させるか迷いましたが、6歳でも走ってもらうことにしました。
ラブリールージュ_2001年末

1月1週 金杯(東) 1着
2月1週 ダイヤモンドS 1着
3月1週 マイラーズC 1着
4月2週 大阪杯 1着
5月4週 安田記念 1着
(放牧)
9月1週 京王杯AH 1着
10月1週 毎日王冠 1着
11月3週 マイルCS 1着
12月3週 スプリンターズS 1着


[4歳牡馬]セントオフェーリアの98(父:ダンシングブレーヴ)
一応クラシックも獲れはしましたが、リセット前提での勝利といった感じですね…。
体が頑丈そうなので、スパルタ厩舎へ預託したほうが良かった気がします。
箱庭内を席巻しつつあるダンシングブレーヴ産駒としては、多少期待外れかもしれません。
ソルジャーシード_2001年末

1月3週 京成杯 1着
2月3週 きさらぎ賞 1着
3月2週 弥生賞 1着
4月4週 皐月賞 1着
5月3週 NHK杯 1着
6月2週 日本ダービー 1着
7月3週 ラジオたんぱ賞 1着
8月3週 新潟日報賞 1着
9月3週 神戸新聞杯 1着
10月2週 京都新聞杯 1着
11月1週 菊花賞 1着
12月2週 鳴尾記念 1着


[4歳牝馬]マリータの98(父:シンボリルドルフ)
ノーリセットで牝馬クラシック三冠。古馬になっても走れるよう、早熟タイプではないことを祈るばかり。
新潟記念のレコード勝ち等、想像していたよりも強いです。主戦は江賀騎手。
エンゼルノアール_2001年末

2月1週 クイーンC 1着
3月2週 アネモネS 1着
4月3週 桜花賞 1着
5月2週 オークスTR 1着
6月1週 オークス 1着
7月3週 中スポ4歳S 1着
8月4週 新潟記念 1着
9月4週 クイーンS 1着
11月2週 エ女王杯 1着


[3歳牡馬]ビターレッドリボンの99(父:サンデーサイレンス)
ノーリセットで3歳を乗り切りましたが、なぜか人気は低い…。血統的な要素が影響しているのでしょうか。
セイントフレーム_2001年末

10月1週 3歳 新馬 1着
11月2週 京成杯3歳S 1着
12月2週 朝日杯3歳S 1着
12月4週 たんぱ3歳S 1着


[3歳牝馬]マジックスターの99(父:リアルシャダイ)
3歳戦の消化において割とリセットを要したので、晩成タイプでなければあまり走らないかも。
10月デビューの予定でしたが、ティグレスターとコンフリクトしてしまうので9月4週の新馬戦に登録しました。
サイクロンバニー_2001年末

9月4週 3歳 新馬 1着
11月1週 デ杯3歳S 1着
12月1週 阪神3歳牝S 1着
12月4週 テレ東3牝S 1着


幼駒購入

どの競走馬を買うべきか、いよいよわからなくなってきました。
根拠は特になくメイジディレクター産駒を購入しましたが、うーん…どうだろ。
  • メイジディレクターの01(父:スーパークリーク)
    牝馬 武野牧場産
    庭先取引:2800万

牧場だより

自己所有牧場で初めての出産。
スピードフィオーレ産駒をセリに出したところ、日暮さんが18000万でお買い上げ。お金持ちですねぇ。
ゴージャスステラ産駒は自分で所有して走らせようと考えているので、売却の予定はありません。
自己所有牧場_2001年出産
  • スピードフィオーレの01(父:アンビリーバブル)
    初期4歳馬の初産駒(牝馬)。落札価格:18000万。
  • ゴージャスステラの01(父:ハクタイセイ)
    初期3歳馬の初産駒(牡馬)。ハクタイセイは不人気種牡馬のようなので、自分で走らせて血統を保護(?)することにします。

騎手リーディング

リセットを駆使しすぎたのか、なんだか不思議な感じに…。
騎手リーディング


引退調教師

お元気で…。
自己所有牧場_2001年出産

って、えええー!?!?!?後継者のほうがお年寄りっぽい…。 自己所有牧場_2001年出産
pagetop